≪古刀≫山城 平安城吉房

短刀 銘 平安城吉房 室町時代後期

刃長 七寸五分 反り僅か

山城 平安城吉房

室町時代後期山城国の刀工、平安城吉房の短刀である。
地鉄は詰んで沸付き、刃はよく働き冴える。
姿や出来口から左文字を思わせる名短刀で、京都の旧家より錆身で発見された物である。