≪古刀≫備前 康光 寸延び短刀

脇指 銘 康光(備前國 室町時代初期 応永頃)

刃長 一尺二分 反り 僅か

yasumitu3
応永備前の名工、康光の寸延び短刀である。
応永備前とは応永頃、備前の地で活躍した刀工達を称する言葉だが、その双璧として盛光・康光があげられ、この二工の技量は刀剣界に於いて非常に高い評価を得ている。

本刀は重ね厚く、姿態整う垢抜けた造り込みで応永期独特のものである。
この頃の備前物の樋はハバキ上で留める物が多いなか、茎尻まで強く掻き通している事が姿に力強さを与えている。(刃長が少し相違するが重要美術品の宇多國房、応永十二年紀の姿に近似する)
小錵付く応永杢が美しく、非常に鮮明な棒映りが一際目を引く品である。
yasumituuturi21