≪古刀≫越前 越前来

刀、無銘 越前来(越前国 南北朝時代後期)

刃長 二尺五寸四分 反り六分五厘

越前 越前来

南北朝時代、山城国より来国安(その弟子か)が越前に移住し栄えたのが千代鶴一派である。
因みに「千代鶴(千代鶴丸)」とは国安の幼名だそうである。
名鑑には国安の他に千代鶴派として守重、守弘、森弘、家安、家吉などが挙げられている。
千代鶴派の室町時代の作刀と見られる物には「千代鶴」の極めを、さらに一段と出来が良い物、或いは南北朝時代を下らぬと見える物には「越前来」との極めを付ける。 
本刀は生ぶ無銘で、鎬幅狭く、鎬重ねの厚い造り込み。
刃文は直刃で刃中に足、葉など豊な働きを見せ、いかにも来系の作であると首肯出来る物。
元は粗雑な古研ぎ状態で「千代鶴」の極めがあったが、現在はこの刀に相応しい「越前来」と極められている。