≪古刀≫大和 手掻

刀、無銘 手掻(大和國 鎌倉時代末期~南北朝期)

刃長 二尺一寸七分

大和 手掻
日本刀の作風を大きく分類すると大和伝、山城伝、備前伝、相州伝、美濃伝と五つに分けられ、これを五箇伝という。
それぞれの名前で示される国で確立された作風であり、いずれも強い個性を持っている。
五箇伝の一つで有る大和国には「大和五派」と呼ばれる千手院・保昌・当麻・手掻・尻懸の五大流派があり、 押形の刀はこの一つである手掻と極められている。
大和伝の特徴として、鎬高く鎬幅広い頑強な造り込み、強い沸、柾目肌、帽子の焼き詰めや掃き掛けなどが挙げられるが、 どの大和物もがこれらの特徴全てを顕著に示すと言う訳ではなく、例えば柾目肌などは「刀身全体の中のどこかに柾が混じる」と言う程度の物も多い。
本刀も板目肌に地沸よく付き、刃寄りに柾目肌が現れそれに伴い刃縁が働く出来である。