≪古刀≫越中 為継短刀

短刀 磨り上げ無銘 為継 (時代南北朝)

刃長 七寸五分五厘 無反り

tametugu2

為継は越中国郷義弘の子とも則重の弟子とも言われる刀工で、後に美濃国に移っている。
本刀もその流れを見て取れる出来で、板目肌に地景を交えてうねり松皮肌状となり、 厚く沸付いた刃が肌に絡み頻りに働きを見せる。
地文の景色が豊富で見事な様、沸にやや黒味が有る点や刃が僅か沈み加減なあたりなどまさに則重さながらである。
すっきりとし品の良い合口拵えが掛けられている。