≪古刀≫越中 為継刀

刀、大磨り上げ無銘 為継 (時代南北朝)

刃長 二尺三寸二分 反り 四分五厘

tametugukatana
為継は越中国郷義弘の子とも則重の弟子とも言われる刀工で、後に美濃国に移っている。
銘の有る物は殆ど残っておらず、多くは大磨り上げ無銘の極め物で、 板目に激しく沸付き、湾れ主調の刃に砂流し金筋等にぎやかに働くのが特徴である。
この刀はいつも目にする為継極め物に比べ、肌は板目よく詰み、匂い口の整った明るい刃で、 はっきりと完全な一枚帽子となっている。
この作風からも、郷義弘の子とも伝えると言う理由が分かる。
郷の刀などは古名刀鑑賞の経験が浅いと、あまりの地刃の冴えと明るさなどから新刀に見紛うものだが、この為継も疎見すると新刀に見えそうな出来である。