≪古刀≫大和 朱銘当麻

刀、朱銘 当麻(大和國 鎌倉時代末期~南北朝期)

刃長 二尺三寸 反り 四分

taimazennsinnkannsei22

日本刀の作風を大きく分類すると大和伝、山城伝、備前伝、相州伝、美濃伝と五つに分けられ、これを五箇伝と称する。
それぞれの名に示される国で確立された作風であり、いずれも強い個性を持っている。
五箇伝の一つ、大和国には「大和五派」と呼ばれる、千手院・保昌・当麻・手掻・尻懸の五大流派があり、 押形の刀は「当麻」と極められ、その朱書がある。
大和物は銘や年紀の無い物が多く、当麻派もそのとおり多くが大磨り上げ無銘の極め物である。
沸強く、地景しきりに入り、一見相州行光に紛れる出来に当麻の極めを持って行くのが古来よりの慣わしとされている。
本刀は元幅3.35糎の豪刀で、鎬地を広く、鎬を高くする大和物の典型的な造り込みを呈する。
地沸と地景が目立ち柾気の強い地鉄に、働き豊富で明るく冴える刃を焼く。  第二十七回重要刀剣