≪古刀≫備前 長船祐定

刀、銘 備州長船祐定 (室町時代後期)

刃長 二尺三寸二分 反り八分

sukesada
室町時代、備前国では刀剣が大量に生産された。  一般に備前刀は「長船」と呼ばれる事が多いが長船は地名であり、刀剣の世界では「長船一派」として一つの系統をさす。
銘の切り方としては「備州長船○○」、「備前国住長船○○」のように切るものが大半で、これらの中には”数打ち物”と呼ばれる実戦用に大量生産された物が多くある。
一方”注文打ち”と呼ばれる上質の鉄を使用し念入りに作られた作品があり、 これらは「備前国住長船与三左衛門尉祐定」「備前国住五郎左衛門尉清光」など俗名入りの長銘を切る。
押し型の刀は俗名無しの祐定で、銘字も乱雑。 しかし刀身の出来はわずかな地の緩みを除けば栄えており、数打ちとは思えぬ物。  入念作を世に出す時、陰打ちと言われる数本を鍛えその中から一番良い作品を納めると聞くが本刀はその陰打ちかも知れない。