≪古刀≫山城 来国光

刀、来国光 大磨り上げ無銘  鎌倉時代末期~南北朝

刃長 二尺二寸九分  反り 六分

来国光 大磨り上げ無銘

来国俊の子あるいは弟子と伝える来国光大磨り上げ無銘の刀である。
国光は国行、国俊、国次らとともに来派を代表する刀工で特に多彩な作域を示す刀工であり鎌倉末期~南北朝期にかけて活躍している。
この刀は来の典型で直刃調に小丁子交じり足繁く入り、匂い口明るい出来であった。