≪古刀≫山城 朱銘信国

脇指、銘 表 朱銘 応永 信国鑑定本阿弥長識

     裏 金象嵌 龍 萬壽無彊 理貫(花押)

刃長 一尺七寸三分 反り 五分

山城 朱銘信国

山城国初代信国は了戒の子或いは孫と言われ時代を建武頃とされるが 現存する作例はいま少し時代の下がる延文・貞治頃からである。

応永頃の信国で特に著名なのは源左衛門尉(源の左衛門尉、通称げんざえもん)と式部丞信国で幾多の名品を残しており、 同時代備前の名工、康光、盛光と並称される。

南北朝末期から応永頃、さらに室町中期にかけて同系で信国と銘を切る者が多数おり、 二字銘であった場合は特徴のはっきりと出た銘字でなければどの信国かの特定は難しいようである。
押形の脇指は大磨り上げ無銘で応永信国と極められ朱銘が入る。
どの書籍でも触れられているが応永信国の一番の特徴は刃紋に矢筈が入り二ツづつ連なった互の目を焼き、その間を湾れか小さな互の目でつないでいる点などである。
またほとんどの作品に何かしら彫り物がありその何れもが上手。
金象嵌の「萬壽無彊」は長寿を祝い不老長寿を願う言葉である。