≪古刀≫備前 長船長重

刀、大磨り上げ無銘 長船長重(南北朝時代)

刃長 二尺三寸四分 反り五分弱

nagasige3

匂いの備前と言われる中にありながら、沸、地景が豊富に働く相伝備前と称する作風を示す南北朝期の名工、 長義、兼長。  その長義の兄が長重とされる。
国宝、短刀 銘 備州長船住長重 甲戌(八寸六分強 浅い内反り)。本阿弥光徳差料と伝え、現在も本阿弥家に 受け継がれるこの短刀は長義の傑作をも凌ぐ出来という。

押形は長船長重と極められた刀。
静かな焼に始まり物打ち上で激しく鎬に迫る焼(特に差し裏)。刃縁よく沸付き冴える。 地は杢目が目立ち、地沸はさまで付かず上半に太くクッキリと目立つ地景が頻りに働き相伝を強調。
研磨させて頂いた刀の中で、特に記憶に残る難物であった。
杉山茂丸(其日庵)旧蔵品