≪古刀≫伊勢 村正

短刀 銘 □正(村正) (室町時代末期 伊勢国)

刃長 九寸五分 反り 一分

muramasa1
 伊勢国桑名に住した刀工村正の短刀である。
村正には古い時代の系図等で南北朝時代に始まると言う説もあり名鑑には一応、南北朝時代から応永・文安・応仁の村正を 載せてはいるが、現存する作例で最も古い年紀は文亀元年(1501年)の作である。
よって南北朝時代からと言うのは時代の吊り上げであり、実際は文亀頃からの刀工と言われる。
 重要刀剣等図譜の解説を見ると、「初代が文亀頃、二代が天文、三代は天正頃と伝え、特に二代とされているものの作品が多く、出来映えに ついても平均点が高い」とある。
協会審査でも村正については未だ銘による代別が困難な部分も有るようで、本刀は特に「村」の一字を消され「正」のみが残った状態である事などから、代別については不明との事。

 村正は徳川家から忌避されたとも言われ、銘を消し無銘にしたり本刀の様に銘の一部を消されたり、 元の銘にタガネを入れて改竄された例を多数見る。
 この事は刀にとっては大変残念な歴史であるが、かえってその事が「妖刀村正」として現代の愛刀家から絶大な支持を得る要因になっているものと思われる。

作風は美濃風の尖り刃や箱乱れ、皆焼などさまざまで、表裏の刃文が良く揃う事に特徴があり、本刀も表裏揃う刃文で村正の典型作である。