≪古刀≫美濃 兼道・兼涌

短刀 銘 兼道 刃長 九寸

  銘 兼涌 刃長 九寸五分

minotanntou

室町時代末期、美濃物の典型的姿の短刀である。
兼道、兼涌(画像を縮小しているので銘が不鮮明)の他、参考に兼某の短刀押し型も掲載する。
この手の短刀は九寸五分前後、先反りで兼房乱れやそれ風を焼いた物が非常に多い。
美濃には善定、三阿弥、奈良、徳永、得印、良賢、室屋の所謂”関七流”があるが、どの流派にもこの姿の短刀があり、出来にも大差は無いように感じる。
刀剣銘字大鑑によると、兼涌の系統ははっきりしないが、兼房乱れが多い事から兼房系と見られ、だとすれば善定家だと言う解説である。 (兼道は室屋系)
兼涌のフクラのラインが悪いがこれは研磨前に採った押し形でありその後研磨で修正を行った。