≪古刀≫備後 古三原(勇壮)

刀、無銘 古三原 (鎌倉末期乃至南北朝時代)

刃長 二尺四寸六分

komihara2
大磨り上げ無銘で備後国、”古三原”と極められた刀である。
「古三原」とは、南北朝より古い三原物を指し応永頃の物は「三原」、室町も中期以降は「末三原」と呼ばれる。
同国には尾道鍛冶と呼ばれる鍛冶集団もあり、「辰房」や「鞆」「五阿弥」等の流派が存在する。
この刀は刀絵図だけを見ると、物打ち下のホツレた部分を除けば肥前刀にも見えるが実物を見てもやはりその通りで、匂い口の深さ、明るさ、沸粒の状態など肥前刀に非常に似た出来口であるが、地鉄は全く違い、古刀然とした物であった。
当初はかなり肌荒れた状態であったが時間をかけて入念な仕上げを施す事で落着いた仕上がりとなった。