≪古刀≫備後 国分寺助国

刀、大磨上無銘 国分寺助国(備後国 鎌倉時代末期)

刃長 二尺三寸六分

kokubunnjizennsinn5
元は二尺六寸~七寸ほど有ったと思われる鎌倉末期備後の刀工、国分寺助国の作。
国分寺助国には、大和伝が強く古三原の作風に共通する物や、賑やかな刃に乱れ映りの立つ備前気質の作風などがあるようだ。
研磨させて頂いたこの刀は茎付近に腰反りの跡が窺え、大磨り上げながら大変姿良く、バランスのとれた彫物が更に品格を高めている。
柾気が強く、地沸を細かく一面に敷き、刃は直ぐ調で匂勝ち。焼頭に沸が凝る部分があり、沸粒の粗い湯走りや砂流しなども見せている。
大和本国にしては刃沸の度合いが違い、古三原にしては地が強く白けもない。この辺りから国分寺助国の極めが生まれるのであろう。