≪古刀≫大和 保昌

短刀、無銘 保昌 (鎌倉時代末期乃至南北朝期 大和国)

刃長 九寸三分 無反り

housyou3

日本刀の作風を大きく分類すると大和伝、山城伝、備前伝、相州伝、美濃伝と五つに分けられ、これを五箇伝という。
それぞれの名前で示される国で確立された作風であり、いずれも強い個性を持っている。

五箇伝の一つで有る大和国には「大和五派」と呼ばれる千手院・保昌・当麻・手掻・尻懸の五大流派がある。 押形の短刀はその一つである”保昌”と極められている。
保昌派の刀工は「貞」を通り字とし「貞宗」「貞吉」「貞清」「貞興」などが居るが、他派と同じくその多くは無銘の作品である。
この派の作品には稀に板目肌もあるが、殆どが元から先まで綺麗に通った柾目肌となる。
本刀も見事に整う柾目を見せている。
細かく沸える直刃で働きは肌目に沿い、帽子は掃き掛けて焼き詰める。

茎尻は保昌の特徴である”一文字”となり、「無反り」「柾目」「直刃」「焼き詰め」と合わせ、この短刀の引き締まる印象を強くしている。

housyou-1