≪古刀≫山城国五条國永

太刀、銘 國永 (山城国 平安時代末期乃至鎌倉時代初期)重要美術品

刃長 二尺二寸九分

gojyo3
城州五条國永在銘の太刀である。 國永は三条宗近の流れを汲む刀工で、兼永と共に五条の地に住した事から五条國永と呼ばれている。
在銘の品は頗る少なく僅かながら残る有銘作には数種の字体があり本作はその一つ、国構えの中を玉の字に切る「玉クニ銘」である。
複数有る銘振りの違いは同人の年代差か、或いは同時代幾人かの同銘工がいたのか、未だ解明されておらず今後の研究が待たれるところである。

板目細かく流れる肌を見せ、全面に映りを現し、刃文は総体に潤みごころとなり、刃中に金筋が繊細に働く。
彫り口の深い素剣と梵字を腰に配し、古京物の気品と力強さを併せ持つ。
本作は「合田口等利傳國永作」(粟田口砦國永)、御物「鶴丸國永」と共に光山押形所収の品で、予州宇和島伊達家当主の名で重要美術品に認定されている。