≪古刀≫石州直綱

太刀 銘 直綱作(石見国 南北朝時代)

刃長 二尺四寸三分 反り五分五厘

sekisyuunaotuna1-1石州直綱は初代を正宗十哲と伝え、以後数代続いている。
正宗十哲説だが未だ不明な点が多く、直綱が正宗から直接教えを受けたかどうかはいま少し研究が必要だが、年代や作風等をあわせると可能性は否定出来ないようである。

本刀はその二代とされる直綱で、「直綱作」と三字銘に切る。
直綱有銘の太刀は大変少なく「直綱」と二字銘、「石州出羽(いづわ)住直綱作」と長銘、 また本刀と同じ三字銘などが確認されている。
地色に多少黒味がある出来で、板目杢目など肌目は良く出るも肌立つ事は無く、地刃の錵強く物打ち上付近は皆焼ごころをおび、相伝が強調されている。

重要美術品にこれと同じ二代とされる直綱が太刀二振り・短刀一振りあり、その太刀の一つが「直綱作」の銘を切る。
姿・作風・銘ともに本刀に大変似通った作品であり、 重美全集の解説中本間先生は「就中この直綱が古調であり出来もよく、あるいは初代とも思われ、なおよく検討したい」と解説されており、本刀も初代の可能性があるのかも知れない。

「日本刀大鑑」「日本の名刀」等所載・重要刀剣指定・京都井伊美術館寄託収蔵品。
「日本の名刀」では重要美術品の直綱と本刀を上げ”石州直綱の代表作”として紹介されている。