≪古刀≫大和 短刀 当麻

短刀、生無銘 当麻(大和國 鎌倉時代末期~南北朝期)

刃長 七寸五分 反り 僅かに内反り

当麻短刀
日本刀の作風を大きく分類すると大和伝、山城伝、備前伝、相州伝、美濃伝と五つに分けられ、これを五箇伝と称する。
それぞれの名に示される国で確立された作風であり、いずれも強い個性を持っている。
五箇伝の一つ、大和国には「大和五派」と呼ばれる、千手院・保昌・当麻・手掻・尻懸の五大流派があり、 押形の短刀は生無銘で「当麻」と極められている。
大和物の多くは銘や年紀が無く、当麻派もそのとおりで殆どが無銘の極め物である。
大和物と見え、錵強く、地景しきりに入り、一見相州行光に紛れる出来に当麻の極めを当てるのが古来よりの慣わしとされている。
本短刀は匂い深く厚く錵付く刃を焼き、地の底に沈む板目に刃寄りの柾が美しく、総体に錵映りが立っている。
茎は生で当麻派の特徴的な茎仕立てとなり、表に朱銘の痕跡を残している。
重要刀剣指定品。