≪古刀≫備前 長重

刀 大磨上無銘 長重 (南北朝時代 備前國)特別重要刀剣

刃長 二尺三寸八分 反り 七分

nagasigekannsei

長重は古説によると長義の弟とされて来たが現存品の年紀等から、今日では長義の兄との説が有力である。
長重など長義一類は備前物でありながら地刃がよく錵付き、金筋、湯走り等の働きが顕著な所謂相伝備前の作風を示している。

本刀は重ね厚く手持ちの重い非常に健全な体配で、刃中よく錵え金筋等の働きも豊富であり、特重図譜にもそれらを讃える言葉がならぶ。
なお、特別重要刀剣の指定は「長重」として受けているが、「相州鎌倉住助真」との鞘書がある古い白鞘が残る。
鞘は所謂尾張鞘で尾張竹屋家の重代である事も記され、尾張ハバキも付属する。

また鑑刀日々抄では伝助真として所収し、薫山氏は「さらに絞って助綱と鑑したく、同作中出色のものである」としている事を追記しておきたい。

nagasige6