ブログ

所載物も

2014年11月20日【ブログ】

日々拝見する刀、本に載っていそうな品は大体チェックする習慣がある。
度々持ち主も気付いていない事を発見し喜んで頂く。
普段からそうしていると”本の間違い”に遭遇する事がしばしばある。
先日、大倶利伽羅広光を拝見していて差し表に棒樋が無い事に驚いた。日本刀大鑑にも相州伝名作集にも差し裏の大倶利伽羅と差し表物打上のアップの写真があり、どちらの本も棒樋が入っている。 
結局、名物帳のデータを見ると差し表は腰樋、裏に大倶利伽羅であり、大鑑と相州伝名作集は写真の掲載ミスである。
また今般、桃川長吉を調べて居たところ日本刀大鑑の図版に重要美術品として掲載されている太刀が重要美術品全集には無かった。 協会に確認したところ、どうやら大鑑の掲載ミスで、図版に載っている太刀は重要美術品では無いようである。(解説部に掲載の「桃川住長吉」は正しく重美である。)
これらは当然悪意の無いミスだが、先日はかなり悪質な物を見た。
オークションで販売されていた品。所載物と言う事で本を開いてデジカメでページを撮影した写真があった。
見ると鑑刀日々抄である。 写真に映るページの中央にその商品と同一物の解説と押形があり、その左右には別の刀の解説や押形が。
鑑刀日々抄は刀好きのバイブルなのでよく開き、薫山先生の筆はある程度頭に有る訳だが、その商品の押形だけ少々筆が違う。
ページ数も写って居たので本で確認すると無い。しかし、左右に掲載の刀のページを発見。
結局、そのページの写真を撮り、真ん中に挟まる形で掲載の押形と解説をPC処理で消し、自分で描いた押形をページに合成、フォントを日々抄に合わせた解説も合成し、所載物として販売しようとしていたようだ。
なかなか手が込んでいる。

研磨記録

2014年11月19日【ブログ】

龍門2
近日研磨記録更新予定。

バイス購入

2014年11月18日【ブログ】

IMG_2084
でかい、重い、嬉しい。

中身

2014年11月16日【ブログ】

ここに座り、刀の絵を眺めるのが好きになった。
刀の絵と言うが、絵なので見えるのは拵えだけである。
中身は何であろうか。

全く偶然だがこの絵を描かれた先生よりお電話を頂戴し、縁あって私の元に来た事をお伝えし(浪人之図 平成七年作)、描かれている刀の事をお聞きした。

拵えは、奈良の生駒に居られた老名鞘師の作。
中身は九州肥後同田貫兵部・・。
先日研磨記録にUPしたばかりの兵部それその物である。

実は、お気に入りの拵え(絵)が手に入ったのだから中身も欲しい、つまり中身の全身押形を描きたいと考えて居たのだが、もう済んでいたわけである。
兵部3

浪人之図

2014年11月14日【ブログ】

今日は絵を譲って頂いた。 刀の絵である。
浪人之図。
ここに座れば毎日見られる。
一振り欲しいと言う気持ちが収まった。
一振り持ったわけだ。
よい拵えは気持ちが落ち着く。

鎬地の仕上げについて 2

2014年11月13日【ブログ】

先日も少し書いた鎬地の仕上げについてです。
以前ブログで使用した画像です。

古青江映り
古青江。
映りがよく見えます。
これがもしも鎬地の磨き仕上げがなかったら。
古青江映り2
この様に鎬地の映り状態が確認出来るわけです。

この画像は刃引き途中に下艶でサラッと慣らし見やすくした物にPCで加工しているわけですが、このまま鎬地を磨かず仕上げが進めば拭いも入り、直刀風の落ち着いた風合いとなります。
磨き無しの鎬地が本当に美しいかどうかは刀にもよりますし、この太刀などは映りがうるさ過ぎると言う事になるかも知れませんが、研究材料と考えた場合、鎬地を磨き潰すのは惜しい気もします。