日本美術刀剣保存協会京都府支部新年会

2019年01月27日

新年入札鑑定

 

一号 刀

長寸、反り浅め、鎬低め。よく詰み整う地鉄。広直刃でほぼ等間隔に互の目足。匂い口深く若干ばさけ気味。
鋒のフクラが張る。ハバキ上で丸留めの棒樋。

新々刀に見える。江戸か大阪か分からないが、教科書通りに考えると鎬の低さから江戸と見るべきなのか。
助広真改の直刃ではなく、法城寺の錵の明るさでもないし、虎徹の覇気とも違い、よく整っている。

分からないのでとりあえず上総守兼重と入札。

 

二号 刀

鎬が高いが棟重ねもある。切っ先は延びず鎌倉末期風。反り頃合い。
元から先まで通る柾だがうねりが強く、肌目の白さが目立つ。全体に映りごころ。直刃調で柾に働く。
大変良い刀。鎬地を晴らして磨けば一段とよい刀になる可能性を感じる。

鎬が高く柾肌だが大和物には見えない。先日研磨させて頂いた波平の南北朝年紀入りと大変よく似た地鉄。
力強い切っ先形状なので、こちらで行ってみたい。西蓮と入札。

 

三号 脇差

直ぐに焼き出し。丁子刃。少し沈み気味だが、本当の丁子の形になる上手な丁子。横手下から帽子返りまで全体が特徴的。

苦手なのが出て来た。石堂の丁子ではなく、大阪初代系の丁子でもないように思うし一竿子にも入れたくない。
この脇差は見た事がある気もするが。。とりあえず初代国助と入札。

 

四号 脇差

三品帽子風。刀身中央付近に簾刃の祖型的部分がある。

三品系の誰かだと思う。丹波の初代か大阪の誰かか。
丹波守吉道と入札。

 

五号 短刀

細身で重ね厚め。匂い出来の互の目で棟も互の目を長く焼き下げる。刃と棟の互の目を互い違いに噛み合わす。腰はなだらかだが突出する互の目がある。
素剣と腰樋。

この形の互の目は備前のイメージが少なく、島田か、それともこの雰囲気は伯耆か。。
島田義助と入札。

 

六号 刀

長寸で薙刀直し造り。鎬幅が異様に広く、鎬が高く棟重ね薄い。大切っ先。
全体に匂い出来。一部特に焼きが上がり、その部分は荒錵。

新々刀だが全く分からない。焼きの下が匂いで上が錵なので源正雄と入札。

 

イヤ
通り
国入り
国入り(大阪ニテ)
イヤ

 

一号 分からない。井上真改と入札。
二号 やはり波平なのかも知れない。個銘は分からないので沢山いる人に。波平行安と入札。
三号 この丁子はやはりこの人に入れないとダメですか。。初代にしておこう。粟田口忠綱と入札。
四号 三品にしか見えなかったのだが、真改だと聞こえてしまった。井上真改と入札。
五号 島田で間違いないと思っていたがダメでした。広賀か。
広賀だと少しくらい錵付くかなぁなどと考えていたら末備前だと聞こえてしまった。
長船忠光と入札。

 

国入り




 

一号 刀  近江守高木住助直
二号 刀  波平家安作 永禄三年八月日
三号 脇差 粟田口近江守忠綱
四号 脇差 和泉守国貞(草書銘)
五号 短刀 備前国住長船永光作 永禄五年二月吉日
六号 刀  舞鶴友英作

確か以前、忠綱の丁子がやっと当たる様になったと書いた気がするが、また外してしまった。
はっきりと砂流しがあれば忠綱に行けるが、無ければ忠綱を外して考えようとしてしまう。
延々と忠綱の丁子タイプを外し続けるには訳があり。。
21歳頃、今から24年程前ですか。研ぎ場に輪宝の良い目貫の入る古い拵え入りの粟田口忠綱刀があった。
その丁子刃の調子が頭に染みついてしまい、それ基準にしか見る事が出来ず、いまだに抜け出すことが出来ていない。
しかし今思えばあれは偽銘の忠綱だったのかも知れず。
15年程前、出先でその忠綱と同じタイプの丁子刃の刀を見せられた。
その刀にはいささか不審を感じ、何と思うと問われ、偽銘の一竿子と答えた。
柄を抜くと一竿子忠綱の偽銘。
若い頃に良い品を沢山見る事は大切だと思う。ややこしい品が染みつくと抜け出すのに苦労をする。
六号の舞鶴友英。講師辻本先生に舞鶴友英刀の多くはこの造り込みで、慣れれば見た瞬間に友英だと分かると解説をして頂いた。確かに、友英は過去3振り研磨をさせて頂いたが、内2振りがこの手の大切っ先だった。次に見たら当てられるかも知れない。
IMG_1598