京のかたな 展示№174

2018年10月01日

IMG_0236
展示№174 太刀 銘(菊紋)山城守藤原国清 寛永十年二月日

京都市東山区にある新日吉神宮(いまひえじんぐう)所蔵の御刀です。

国清は山城新刀の堀川国広門で後に越前に移住しています。
この御刀は押形にみるとおり、一般的な新刀と比べ大変反りが深く、九分六厘の反りです。
新刀の中では「美しい反り姿」といわれる事の多い肥前刀でさえ、平均六分程度の反りですので、この九分六厘の反りがいかに深いかが分かります。
国清は直刃を最も得意とし、本作も匂深の中直刃を焼いています。
区際に水影風の焼き出し映りを見せるなど堀川派らしさもありますが、地鉄は完全に越前風であり、反り姿と合わせ古風な出来となっています。
その事からか、以前京都支部の入札鑑定会に使用させて頂いた時は多くの札が古刀へと入れられました。
国清の作品は比較的多く残されてはおりますが年紀作は稀有であり、奉納品としての特異な姿と合わせ貴重な作品です。