陸奥守歳長

2018年03月30日

研磨記録、新刀、山城国に陸奥守歳長を追加しました。
差し裏中央付近が顕著ですが、押形を見ると刃文が層となり上部と下部に分かれています。
上部(焼き頭側)は強く沸え流れ、下部(刃先側)は匂い勝ちです。
これは清麿のように本三枚或いは四方詰めを行う刀工の作品に表れる現象で、刃文内や焼き頭付近が鉄の合わせ目となる刀に多く見られます。
歳長全身