よい石華墨を

2016年10月18日

img_5526
在銘の末保昌。珍しい品です。
時代を超えて続く流派は多くはありません。保昌も末になると殆ど見ずです。
理由を考えると幾つか上がります。 一時は色々大変だった事でしょう。物事とはそういうものですね。

支部会の時、白金師上野さんから石華墨を頂戴しました。
以前から話には聞いて居た物ですが初めて使います。(上の末保昌は別の石華墨)
説明書きに「二十年以上前まで販売されていた最高品質の石華墨を可能な限り再現しております」とありますが、その言葉通りの品です。
ありがとうございました。