京都支部 入札鑑定

2015年09月30日

例会。

一号 刀

 新々刀。以前拝見した事が有る品か。低めの丁子に映りがよく出る。

 宗寛と入札。

 

二号 脇差

 鎬造。バランス的に通常の鎬造脇差より短い。尺三、四寸か。梵字や樋を重ねる。

 姿や彫りのバランスから少し国を迷う。が、刃は備前なので。則光と入札。

 

三号 脇差

 平身。薩摩新々。

 地鉄が綺麗。奥元平と入札。

 

四号 短刀

 細く、重ねが厚く、そして少々長い。(9寸3分)
 室町期の所謂鎧通しだが、少々長い。以前拝見した品だと思う。

 土佐吉光と入札。

 

五号 短刀

 重ね尋常。長さは定寸。しかし少し幅を広く造り込み、フクラも張る。
 広直刃錵付く。刃中に葉。
 地刃は末古刀だが姿が新々刀。

 全く分からず・・・。
 絶対間違っている事は分かって居るがとりあえず何か書かないといけないので越前兼植と入札。

 


準然


イヤ

 

 五号はやはり全く分からず、千子正重に入れてみる。


準然


イヤ

 五号は現代刀と教えて頂いた。備前伝が得意な人だそう。
 全く一切気付かずでした。 今泉俊光と入札。

 


準然


一号  刀 泰龍斎宗寛造之 文久元年三月日

二号 脇差 備州長船盛光(磨上在銘)

三号 脇差 薩州住正良 安永五年申八月日

四号 短刀 吉光(土佐)

五号 短刀 源義宗 昭和十二年五月日

鑑賞鐔

 梅花透鐔(二代 林 重光)肥後金工大鑑所載

 武鑑透鐔(三代 無銘 藤八)肥後金工大鑑所載

 

鑑賞刀

 太刀 平安駒井法眼慶任作

 慶任の作は京都に居れば、極希に拝見したり、錆身が出て来て研がせて頂いたりする事はありますが、現存品の少ない刀工です。

IMG_3196