下地

2015年06月11日

古い太刀の下地研磨。
細く、非常に柔らかい。
当初より想定していたので通常より三段階細かい砥石でスタート。
これだけ柔らかいと、健全な新刀ならば簡単に切截出来そうな気がしてしまう。
斬った事は無く、斬りの知識も無いので分からないが。
以前、硬物試しをやった方が、パイプ椅子なんぞ簡単に斬れる物ではないと言っていた。
刀がうつむいてしまい、簡単には斬れないそうで。
パイプ椅子を研いだ事が無いので硬さの違いは分からないが。

古い刀が柔らかいとは言え、砥当たりが焼け身とは全く違う。
過去に結構な本数の焼け身を研いだがこれほど気持ちの悪い物は無い。