拵えを

2015年06月04日

拵えを作りたく、色々と考える。
柄糸はこれで色はこんなんでこんな巻き方で・・・。
時代拵え風を目指すけど山鳥毛ほど厳つい鐺は好みではないのでもう少し優しく・・。
しかし姿は江戸期の尻すぼみは力無いので鐺にある程度踏ん張りを付けて。
太さはゴロンゴロンではなくなるべく薄く、下手に抜くとハバキ袋刃方のカドが割れそうなくらいで。
柄は鞘に対して出来る限り角度が出るように茎刃方をギリで。
柄頭はあまり張り過ぎず厳島神社の談議所西蓮程度に押えて、そしてあれくらい細い雰囲気で。
塗りは綺麗なのが好きなので当時を再現せず磨いてもらって・・。
鮫は黒が嫌いなので黒い黒い朱で・・。
ハバキは出来るだけ薄くカランカラン言う金の太刀ハバキで。
切羽は通常の倍の厚さの金着、しとどめは赤銅で。
栗形はやはり少し大きめで返り角は下側上向きで・・・。
鐔は大きい方と小さい方どちらも捨て難い。鐔を掛け代えられる様に切羽を4枚作って・・・。
妄想は膨らみます。
目貫はまだ無い。古美濃がいい。
小柄笄は古後藤がいいけど手が出ないのであまり茶色くない古金工で。

妙な拵えだと笑われるでしょうか。