平成知新館に行ってみた

2014年10月21日

京都国立博物館の平常展示館、「平成知新館」に行ってみた。
明治古都館(本館)では鳥獣戯画の展示で2時間待ちの行列です。
あんな状態で見るのは辛い。

平成知新館はリニューアルが完了したばかりで美しい建物。
素敵な雰囲気。人が少なければですが。

島津正宗を見に行った。
人の流れにのってツーっと何度か見る。
正宗6振り、郷3振り、藤四郎2振り。

正宗と郷は難しい刀。

秋田藤四郎と骨喰。
可愛らしい銘の秋田藤四郎(失礼な表現ですみません)は展示で度々現物を見る。
吉光の銘は数種あり、厳ついグループと可愛いグループなどある。
以前新発見で話題になった岡山藤四郎は秋田藤四郎と同じ可愛い銘グループに入る。

骨喰の彫りは何とかならないものか。
何度見ても思いますが、こどもが銀紙を貼った様な仕上がりで。
彫り直しがダメならあと少し荒い仕上げに留めれば少しは改善されるかも。
貴重な歴史資料ですから惜しいです。